headband

DHA EPA 違い

HOME >> DHAとEPAの違いって?

DHAとEPAの違いとは?


ここではDHAとEPAの違いについて紹介しています。

DHAとEPA、どちらも健康な体を維持するのに大切な成分ということには変わりません。

では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

DHAとEPAの違いは大きく分けて3つ


DHAとEPAの違いは大きく分けて3つあります。

・血液サラサラ効果の違い
・DHAは脳の働きを活発にさせる
・血液中で増えやすいのはEPA

DHA・EPAどちらにも血液をサラサラにする効果がありますが、その作用の仕方には違いがあります。

DHAの場合は血管などを柔らかくして血行を促進しますが、EPAの場合は血栓を防ぐことで血行を促します。

もし、血液をサラサラにする目的で摂取するのであれば、EPAの方が効果が期待できるのでおすすめです。

DHA・EPAサプリを飲むと脳の働きが活発になって、集中力がアップしたり、認知症を予防できます。

ただ、この効果はDHAによるもので、EPAには神経系への働きがないのでそうした効果がありません。

さらに視力回復もDHAの効果なので、EPAのみのサプリではなく、DHAも配合されたものを選んでください。

成分を摂取した場合、血液中で増えやすいのはEPAだといわれています。

EPAを摂取すると短期間で体内のEPAが増えますが、DHAの場合は摂取しても一定量に保たれ、EPAほど増えることはありません。

DHAとEPAの違いのまとめ


まとめておけばDHAとEPAの違いは、

・血液サラサラ効果の違い
・DHAは脳の働きを活発にさせる
・血液中で増えやすいのはEPA

の3つです。

このような違いがDHAとEPAにはあるので、しっかりと覚えておきましょう。

また、違いもあればいくつか共通点もあります。

たとえば、どちらにもガンを予防する効果があるのをご存知でしょうか?

実はDHAとEPAには、ガンの発症を抑える効果があります。

中高年はガンの発症リスクが高くなってしまうので、どちらの成分も積極的に摂った方がいいです。

さらにDHAとEPAのどちらにもアトピー性皮膚炎を改善する効果があります。

DHA・EPAサプリを飲み続けてアトピー性皮膚炎が治ったという人は実際にいるので、試してみる価値は十分あると思います。

ただ、どちらも過剰に摂取するのはやめてください。

どんなに体にいいものも必要以上に摂り過ぎると健康に害を与える可能性があります。

サプリメントでDHA・EPAを摂ろうと思っている人は、くれぐれも用量用法には注意しましょう。

当サイトの人気記事

 1番人気! DHA、EPAサプリの口コミについて詳しく調べてみました

pagetop

DHA・EPAサプリについて

DHA・EPAの基礎知識

DHA・EPAの疑問

DHA、EPAサプリの口コミについて